HEIWA・PGM Challenge

ニュース

2018-challenge-ii
NEWS 2019.09.16
【2018年プレーバック Challenge II】D・ケマーが5打差逆転でAbemaTVツアー初優勝!

京都府・かさぎゴルフ倶楽部で開催された、2018年の『HEIWA・PGM Challenge II ~Road to CHAMPIONSHIP 2018』は、通算12アンダーをマークした米国のD・ケマーが、AbemaTVツアー初優勝を果たした。

ケマーは第1ラウンドを2アンダーの8位タイでスタート。第2ラウンドもスコアを二つ伸ばしたものの、通算4アンダーの14位タイと順位を落とし、トップと5打差で最終ラウンドを迎えた。

最終日、前半でスコアを4つ伸ばしたケマーはハーフターン後、12、13番ホールでの連続バーディで首位に並び、15、17番ホールでもバーディパットを沈めて単独首位に立った。

「リーディーングボードは見ないようにしました。優勝を意識してシビレていましたし、順位を見たなら余計に緊張してしまうからです」。

迎えた最終18番ホール。ティショットを左隣の17番ホール・フェアウエイへ。「大会2日間とも右サイドに打ってしまった。斜面に捕まったのではボギーのピンチが高まると考えました」。

2打目はピンまで186ヤード。6番アイアンでグリーンキャッチ。柔らかな発想による攻略ルートで、ケマーは見事2ピン距離のバーディチャンスを作り上げた。惜しくもバーディフィニッシュとはならなかったが、通算12アンダーの首位タイで後続組のプレーを待ち、首位に並んでいた最終組の比嘉一貴が、最終ホールでダブルボギーを叩いたことで、ケマーに優勝が転がり込んだ。

8バーディ・ノーボギーと62のビッグスコアをマーク。見事に大逆転優勝と日本初Vを飾ってみせたのだった。

出場権を獲得した、11月の『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』では予選通過はかなわなかったが、今年の前半戦はレギュラーツアーに出場して奮闘。その豪快なドライバーショットを武器に、さらなる飛躍を期待したいところだ。

  • 野村證券
  • 國場組
  • 前田建設工業
  • アイシグリーンシステム
  • キリンビール
  • 理研グリーン
  • 共立製薬株式会社
  • トロカンパニージャパン
  • 株式会社愛和ライト
  • 株式会社アクティオ
  • 株式会社イチネンホールディングス
  • 株式会社エー・エル・ピー
  • SMBC日興証券株式会社
  • KDDI株式会社
  • コカ・コーラ
  • GOLFZON Japan株式会社
  • 相模商工株式会社
  • 三和コンピュータ株式会社
  • シンジェンタジャパン株式会社
  • 株式会社大日光・エンジニアリング
  • TGアルバ株式会社
  • 株式会社Tポイント・ジャパン
  • 東洋グリーン株式会社
  • トンプソントーワ株式会社
  • 株式会社NAITO
  • 日本カルミック株式会社
  • 日本ぱちんこ部品株式会社
  • ニホンターフメンテナンス株式会社
  • 富士古河E&C株式会社
  • 株式会社ミクニ
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社ヤマダ
  • 琉球通運株式会社
  • 株式会社ワールドネットワーク