ニュース

2r_peku01
NEWS 2019.11.08
【2R】T・ペク、AbemaTVツアーをステップに、狙うは賞金シード奪取!

 レギュラーツアーよりも一足先に、先月25日に幕を閉じたAbemaTVツアー。部門別ランキングも確定し、HEIWA・PGM Challenge IIで初優勝を飾ったT・ペクは賞金ランキング2位となり、来季ツアー前半戦の出場資格を手に入れている。

 初VによってレギュラーツアーのマイナビABCチャンピオンシップと今大会の出場資格も得たペクは、前者で7位タイとなり、賞金ランキング65位(879万円)にジャンプアップ。実はレギュラーツアーでの賞金シード奪取に大きく近づいているのだ。

 賞金総額2億円、優勝賞金4000万円の今大会で、単独20位でも252万円の賞金を上積みできる。仮に20位での賞金額をプラスすると賞金ランキング54位前後まで順位を挙げられるだけに、モチベーションは自ずと高まるばかりだ。

 韓国・ソウル生まれのペクは9歳の時、父親が柔道のコーチをするためにニュージーランドに移住し、そこでゴルフを覚えた。その後、米国サンディエゴ州立大学に留学し、12年にプロ転向。中国やウェブドットコムツアー、カナダでプレーし、中国では14年と18年に1勝ずつを挙げている。

 HEIWA・PGM Challenge IIでの日本初優勝によってペクの人生が大きく変わり始めた。「12月に結婚します。それを機にアジアを拠点に戦って行くつもりでしたから、この優勝はとても嬉しい」と優勝インタビューで語っていたが、AbemaTVツアー賞金ランキング2位によって「来季は日本を主戦場にする」気持ちが固まった。

 さらにレギュラーツアー賞金シード初獲得のチャンスも訪れている。「ゴルフを覚えたニュージーランドと似て沖縄は風が強く、僕の大好きなバミューダ芝のグリーンですから、プレーがとっても楽しみ」というペグは第1ラウンドで好プレーを展開。6バーディー・2ボギーの67、4アンダー5位タイの好スタートを切った。決勝ラウンド進出の懸かった第2ラウンドはインコース1番手でスタート。強風が吹き荒れていたが、「大好きな風」を味方につけてパーセーブを続け、上がり2ホールで連続バーディーを奪取してみせた。

 だが後半は1バーディー・2ボギー・1ダブルボギーと失速し、トータル3アンダー・15位タイに順位を下げながらも、シード権奪取への必須条件である決勝ラウンド進出は余裕でクリアーしたのだった。

「スコアを落としてしまった理由ですか? ハーフターンの待ち時間が70分もあったからです(苦笑)。待ち疲れですね。せっかく連続バーディーを決めて波に乗りかけたところだったのに…。流れが切れてしまった感じですね」。

 ペクは冗談交じりにそう話し、ゴルフに関しては「3パットが2回、1メートルのパット外しが2回。いずれも風の影響を受けてのミス。仕方ありません。ミスパット解消法は、ゆっくり休むに限ります」と身長186センチ、体重105キロの巨漢を揺らしながら笑った。

 今年12月21日に華燭の典を挙げる5歳年上の婚約者クム・ジョンアーさんと沖縄へやって来た。心を休められる人が、すぐそばにいてくれるのは心強い。

 父ペク・チャンギーは世界柔道選手権で優勝の経験を持つ実力者。父が頂点を極めたスポーツとは違うが、ペクもまたゴルフ界で世界1位の頂点を目指している。「日本経由にルート変更になりましたが、頑張るだけです」。ちなみに、ペクが柔道を本格的に始めなかったのは「痛いから」だそうだ。

第2ラウンドの結果 PCはコチラ / SPはコチラ>>

  • 野村證券
  • 國場組
  • 前田建設工業
  • アイシグリーンシステム
  • キリンビール
  • 理研グリーン
  • 共立製薬株式会社
  • トロカンパニージャパン
  • 株式会社愛和ライト
  • 株式会社アクティオ
  • 株式会社イチネンホールディングス
  • 株式会社エー・エル・ピー
  • SMBC日興証券株式会社
  • KDDI株式会社
  • コカ・コーラ
  • GOLFZON Japan株式会社
  • 相模商工株式会社
  • 三和コンピュータ株式会社
  • シンジェンタジャパン株式会社
  • 株式会社大日光・エンジニアリング
  • TGアルバ株式会社
  • 株式会社Tポイント・ジャパン
  • 東洋グリーン株式会社
  • トンプソントーワ株式会社
  • 株式会社NAITO
  • 日本カルミック株式会社
  • 日本ぱちんこ部品株式会社
  • ニホンターフメンテナンス株式会社
  • 富士古河E&C株式会社
  • 株式会社ミクニ
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社ヤマダ
  • 琉球通運株式会社
  • 株式会社ワールドネットワーク