HEIWA・PGM Challenge

ニュース

iwamoto20
NEWS 2019.09.20
【ChallengeII/FR】岩本高志、V逃すも圧巻のゴルフで魅了する

「疲れによる腰痛で大会出場を回避しようかとも考えたのですが…。体にムチ打って出場し、良かったです」。

 最終日、通算4アンダーの13位タイで、首位と6打差でスタートした岩本高志が猛チャージを展開した。1番ホールで2メートルのバーディーパットを決めて波に乗る。3番ホールで1.5メートル、6番ホールで1メートルを沈め、9番ホールではOKバーディーを奪取。前半でスコアを4つ伸ばし、後半に入って猛追の勢いを加速させる。12番ホールからの4連続バーディー奪取で通算12アンダーとし、リーダーボードを一気に駆け上り、最上段にその名を掲げたのだった。

 迎えた16番・パー4でも2メートルのバーディーチャンスを作った。「ピン奥だったので、下りラインになり、インパクトでつい緩んでしまって取り損ねてしまいました。これで流れを切ったのが悔やまれます」。ホールアウト後、岩本は5連続バーディー奪取を逃したことを残念がったのだった。しかし、それでも8バーディー・ノーボギーで63と会心ゴルフでフィニッシュ。通算12アンダーでクラブハウスリーダーとなり、後続選手のプレーを待った。

「最終組の3人のうち、誰かがきっと抜け出します。プレーオフに備えて練習ですか。しなくて良いと思いますよ」。岩本は諦めと期待が混ざった表情を浮かべた。

 最終組のT・ペクとI・H・ホが共に通算12アンダーでフィニッシュ。岩本は頂上決戦プレーオフに加わったのだった。18番・パー5がプレーオフの舞台。同1ホール目に岩本だけがパーオンを逃し、5メートル近いパーパットを残した。それでも岩本はそのパットをねじ込む。ペクのバーディーパットは外れ、ホが60センチのバーディーパットのアドレスに入る。勝敗の決着が着いたように思われたが、打ち出したボールは「芝でボールが右に反れた」(ホ)ことで、3人ともにパー。同2ホールでは岩本とペクがバーディー、ホがパーに終わる。

 ペクとの一騎打ちは同5ホール目まで続く。岩本の腰は限界に近づいていたのかも知れない。岩本の3打目はグリーン右サイドの池に無情にも吸い込まれ、5オン。一方のペクがパーセーブして長い戦いは幕を下ろしたのだった。

「勝ち切れなかったのは残念です。でも、ここまで戦い抜けた」と岩本はしっかり前を向いた。爆発ゴルフの理由はパットにあった。「前週のANAオープンでは決勝ラウンドに進んだものの、パットが入ってくれませんでした。今週は昔のパットスタイル、ワイドスタンスに戻したらフィーリングが良くなったのです。昨日までの2日間は、ラインの一筋違いでしたが、今日はドンピシャでした。大収穫ですね」。優勝という大魚は逃したが、ゴルフの内容自体は豊漁だったようだ。

フルリーダーボードPCはコチラ / SPはコチラ>>