HEIWA・PGM Championship 2018  11/1(THU)2(FRI)3(SAT)4 (SUN)PGMゴルフリゾート沖縄

ニュース

1r_kohno2
NEWS2018.05.16【1R速報】河野祐輝が4アンダーで単独トップ! 3アンダーで4人が追走

『HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP 2018』(茨城県・鹿島の杜カントリー倶楽部)は16日、第1ラウンドが行われ、4アンダーをマークした河野祐輝が単独トップに立ち、好発進を決めた。

13時10分、アウトコースの一番最後にスタートした河野は、出だしの1番からバーディー発進すると、4、7、9番でもバーディーを奪い、前半だけで4つスコアを伸ばす。後半に入り、14番からボギー、バーディー、ボギーを繰り返し、3アンダーで迎えた最終18番、5メートルほどのバーディーパットを沈め、ガッツポーズで締めくくり。見事に単独トップに立って初日を終えた。

3アンダーの2位タイには、深沢尚人、川上優大、佐藤大平、J・Y・キムの4人が入り、2アンダーの単独6位に小浦和也。アンダーパーは144名中、わずか12名と、難コースに各選手が手を焼く結果となっている。

PGMとスポンサーシップ契約を結んでいる宮里聖志は、1バーディー、2ボギー、2ダブルボギーの77とスコアを伸ばせず、5オーバーの81位タイ。昨年の本大会覇者で、ディフェンディングチャンピオンの嘉数光倫も、1バーディ、6ボギーの77と、同じく5オーバーの81位タイと出遅れた。

フルリーダーボードはコチラ>>

  • 過去の大会