HEIWA・PGM Championship 2018  11/1(THU)2(FRI)3(SAT)4 (SUN)PGMゴルフリゾート沖縄

ニュース

1r_fukasawa2
NEWS2018.05.16深沢尚人、難グリーンを悩みのパットで攻略し好スタート!

ビッグモンスターが大会初日から牙を剥いた。午前スタートのアウト・イン24組の選手72人がホールアウトした時点で、アンダーパースコアをマークした選手は5人。クラブハウスに戻って来た選手たちは「グリーンが硬くて速すぎる」「ラフが思った以上にタフだった」「風でホールが一段と長く感じた」などと、コースコンディションの難しさを口にした。

そんな中で、5バーディー・2ボギーの3アンダー69をマークし、2位タイと好発進を決めたのが深沢尚人だ。前試合のジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山では大会初日に首位タイの好位置に着けたものの、2日目11位タイ、最終日38位タイと尻すぼみの結果に終わった。それだけに「優勝します! なんて景気の良いことは決して言えません。明日も最終日もネバリに粘って上位で争えるようにプレーするだけです」と謙虚な言葉しか口にしない。

ゴルフの調子が思わしくなく、難コースでのラウンドを前に「大叩きはしないようにし、75、76で回れたら良しと思ってスタートティーに立ちました」。2ホール目でボギーが先行し、4ホール目もボギー。前半4ホールで早くも2ボギーの「借金」を背負ってしまった。

しかし、5ホール目ですぐにバーディーを奪い返し、その後は7、9ホール目もバーディーとして、前半を1アンダーでハーフターン。後半はボギーを一つも叩かず、確実に2バーディーを奪っての3アンダーでフィニッシュしたのだった。

「パットの調子が特によくありません。前の試合では34インチのパターを使ってそこそこの結果でした。でも、クロスハンドにしてみたり、逆ハンドのベースボールグリップやクローグリップにしたりと試行錯誤を繰り返しています。今日は長尺パターで臨みました。通常パターでは、それこそ片手でもボールを打てますが、長尺だとそうは行かない。それが奏効するように思えたからです」。

深沢の予感は見事的中し、前半13、後半11のパット数24。難しいグリーンを悩んでいるパットで攻略した形となった。

「今日は練習ラウンドよりもマシなゴルフが出来て良かったです」。何が起きても、ミスが飛び出しても想定内。自分に期待を掛けずに謙虚なゴルフを展開して好スタートを切った。「明日も粘りのゴルフをするだけです」。好結果の欲を捨てた深沢が、残り36ホールもそのプレーで突っ走る!

フルリーダーボードはコチラ>>

  • 過去の大会