HEIWA・PGM Championship 2019  11/7(THU)8(FRI)9(SAT)10 (SUN)PGMゴルフリゾート沖縄

ニュース

1r_nagasawa2
NEWS2019.05.15【1R速報】長澤奨が7アンダーと会心のゴルフで単独トップ!

『HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP 2019』(茨城県・セゴビアゴルフクラブ イン チヨダ、6993ヤード・パー70)は15日、第1ラウンドが行われ、7アンダーをマークした長澤奨が単独トップに立った。

 インからスタートの長澤は、12、13番の連続バーディーを皮切りに、前半だけで4つスコアを伸ばすと、後半も3つのバーディーを奪う一方、それ以外のホールはすべてパーでまとめ、トータル7バーディー、ノーボギーの63と会心のゴルフを展開。2位以下に3打差をつけるロケットスタートを決めた。

 4アンダーの2位タイグループに、竹内廉、中里光之介、小木曽喬、内藤寛太郎の4人が追走、さらに1打差の6位タイグループに、川満歩、小浦和也、福永安伸、狩俣昇平、すし石垣の5人がひしめく展開となっている。

 今季からPGMとスポンサーシップ契約を結んでいる香妻陣一朗は、4バーディー、4ボギーの70でラウンドし、イーブンパーの38位タイ発進。日高将史は4バーディーも、13番でのトリプルボギーが響き、同じくイーブンパーの38位タイ。宮里聖志は5オーバーの124位タイと大きく出遅れた。

フルリーダーボードはコチラ>>

  • 過去の大会