HEIWA・PGM Championship 2017  11/2(THU)3(FRI)4(SAT)5 (SUN)PGMゴルフリゾート沖縄

ニュース

hidaka
NEWS2017.09.15プレーオフに持ち込めた!? 日高将史、あと5秒待ったとしても…。

 首位とは2打差、通算5アンダーの2位タイながら、最終組の二組前でスタートした日高将史が快進撃を演じた。前半で3つスコアを伸ばし、ハーフターン後の10、11番でも連続バーディー。12番でボギーを叩いたが、13番でバーディーパットをねじ込んでバウンスバックに成功。14、15番もバーディー奪取する猛チャージを展開。最終18番を迎えた時点では、通算12アンダーで首位タイの座に就いていた。

 バーディーフィニッシュで単独首位に立てる。日高はパーオンショットをピン手前8メートルに乗せた。

「上りのほぼ真っ直ぐ」。読み切ったパットライン。思い通りのストロークで打ち出したボールはラインに乗ってカップに向かった。入るはず。入る。入ってくれ。バーディー奪取を確信した。

 しかし、カップインの音がしない。ボールはカップ手前で右に突然反れ、右縁に止まった。ボールが縁にかじり付いているようだった。ルールに則り、10秒待とう。残念ながらボールはグリーン上から消えることはなかった。

「納得出来る、納得行くゴルフをしました。ただ、たまたま僕よりも上(のスコア)がいた感じですね」と日高は通算12アンダー・2位タイの結果をそう表現した。

 15年からPGM施設利用契約を結んでいる日高は、宮崎国際GCで研鑽を積んでいる。「日頃の恩返しのためにも、勝ちたかった…。ボールが縁に止まるなんて…。次の試合には出られるので、この調子を維持し、ベストを尽くします」と気持ちを切り替えていた。

 実は、競技委員も日高の最後のパットシーンに遭遇し、10秒を計測していたのだ。10秒待ったつもりだったが、実際は5秒でしかなかった。たかが5秒。されど5秒。「カップインするまでゲームは終わっていない」。そんなゴルフ格言が頭をよぎる。

フルリーダーボードはコチラ>>

  • 過去の大会