HEIWA・PGM Championship 2017  11/2(THU)3(FRI)4(SAT)5 (SUN)PGMゴルフリゾート沖縄

ニュース Final Round

1105_chankim
NEWS2017.11.05【FR結果】C・キムがトータル6アンダーで今季3勝目!池田勇太は2位タイ

前日の悪天候から一変、好天に恵まれたHEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(11月2日~5日、PGMゴルフリゾート沖縄・沖縄県国頭郡、7005ヤード・パー71)最終日。トータル6アンダーをマークしたC・キムが逆転で制し、ツアー通算3勝目を飾った。

首位から3打差の2位から出たキムは、スタートホールでボギー発進。3番でもスコアを落とし、暗雲が立ち込めたが、5番でバーディを奪取すると、続く6番でイーグル。7番もバーディでスコアを伸ばし、前半で二つ貯金を作ることができた。

後半の10番でさらにバーディを奪うと、その後はパープレー。16番で宋永漢がトリプルボギーをたたいてトップに躍り出ると、最終18番こそボギーとするも、2位に1打差のまま頂点に。今年「~全英への道~ ミズノオープン」で初勝利を挙げると、「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」に続く3勝目となり、賞金ランキングもトップに躍り出た。このまま一気に突っ走るのか、さらなる活躍を期待したい。

前日トップに立っていた宋永漢(ソンヨンハン)は、トリプルボギーが響いてスコアを伸ばせず、73でのラウンドでトータル6アンダーの2位タイに。HEIWAとスポンサーシップ契約を結んでいる池田勇太は、5バーディ・1ボギーと4つスコアを伸ばしたものの、1打及ばず2位タイに終わった。

PGMとスポンサーシップ契約を結んでいる宮里優作は、4バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの69でラウンドし、1オーバーの12位タイ。アマチュアの植木祥多選手が、トータル4オーバーの20位タイに入り、ベストアマに輝いた。

最終ラウンドの結果へ>>

  • 過去の大会