HEIWA・PGM Championship 2018  11/1(THU)2(FRI)3(SAT)4 (SUN)PGMゴルフリゾート沖縄

ニュース

pre_kiyoshi03
NEWS2018.10.31宮里聖志 入念にショットを調整して、いざ決戦へ!

「何が何でも大会4日間プレーしたいです」――。PGMスポンサーシップ契約プロである宮里聖志が、本戦前日に行われたプロアマ大会を終えると、同表彰式までの時間を惜しむようにしてドライビングレンジへ足を運び、ボールを打ち込んだ。

 2013年の第1回大会で予選通過を果たし、35位タイの成績を残して以来、決勝ラウンドでプレーをしていない悔しさも歯がゆさもある。

「地元沖縄でのトーナメントですし、応援して頂いているPGMの試合ですから、一番頑張りたい大会です。コースは難易度が高いうえに、風向きを読み切ることと、グリーンを攻略するのがさらに難しい。ショットの調子は100点満点で30点ほどですが、その点数ながらも何とかやりくりしたなら、結果に結び付けられると思っています。パットの調子がとっても良いので…」と宮里。

 好調のパットを生かすためにもショットの復調が急務だと考えての打ち込み。「アイアンの距離感を修正できたので、自信を持って明日臨みます」。最後は自分自身に言い聞かせるように力強い言葉を残して、クラブハウスを後にしたのだった。

 この週末、5年ぶりに決勝ラウンドのスタートティに立つ宮里聖志の雄姿を期待したい。

  • 過去の大会