HEIWA・PGM Championship 2018  11/1(THU)2(FRI)3(SAT)4 (SUN)PGMゴルフリゾート沖縄

ニュース 2nd Round

2r_kataoka6
NEWS2018.11.02片岡大育、周囲の心配の声を吹き飛ばす好結果を誓う!

 日本オープンでの5位タイが今季のベストフィニッシュで、賞金ランキング61位なのが片岡大育。決して成績不振なのではなく、ツアー途中で欧州やアジアンツアー、ウェブドットコムツアーの入れ替え戦に参戦していたことが賞金ランキングに反映されているだけなのだ。

 良い成績を海外で残して来たわけでもないが、「ゴルフ自体が悪かったのでもない」と片岡は振り返る。「賞金シードは保持できるのか」といった心配の声がしばしば掛けられてしまう。その心配を好成績で跳ね返すのが手っ取り早い。

 3アンダー14位タイでインコースから発進した片岡はボギーが先行したものの、2ホール目の11番・パー4の2打目をピンそば50センチにピタリと止めてバウンスバック。13番では4メートルのバーディパットを沈め、16、18番でもバーディを奪い、前半でスコアを3つ伸ばした。後半も1番から3連続バーディ。だが6、8番でボギーを叩いてしまう。

「後半は風が強まり出し、難しいコンディションになりました。(上がりでの2ボギーは)ちょっと残念ですが、一日を通しては良いプレーが出来たと思います。ショット的に予選二日間とも結構良かったし、パットもそこそこ入ってくれました」。

 スタートホールでのボギーは、2打目をOBにし、10メートルのパットを沈めたというプレー内容。このボギーで落ち着きを取り戻したという。8バーディ・3ボギーの67。通算8アンダー・4位タイに急浮上して決勝ラウンドに駒を進めた。

「アジアンツアーも基本的には風が重く、グリーンの芝質も目が強い。その点は似た感じなので(開催コースに)苦手のイメージはありません。風が強まると一段と難しいコンディションになるので、集中して、運を上手く引き寄せられるようにしたいです」と明日からの決戦に向けて片岡は抱負を語った。運だけではなく、優勝も引き寄せたい。それが心配を掛けた知人友人への詫び状代わりになるからだ。首位とは3打差。ムービングサタデーで一気に首位の座を奪えるか。

第2ラウンドの結果>>

  • 過去の大会