ニュース

2r_vincent01
NEWS 2019.11.08
【2R】S・ビンセント、美しい景色を楽しみながらビッグスコアー

 第2ラウンドの天候は曇り。気温24.5℃ながら、北北東7.9m/sの風がコースに吹き続けた。体感気温は16℃に近かった。プレーする選手たちは当然風に苦しめられた。パー71に対して、この日の平均ストロークは71.813。いわば1オーバーがイーブンパーに匹敵するほど、コースの難易度は高まったのだった。

 そんなコースコンディションの中、ノーボギーで回り切った選手が二人いた。4バーディーの67をマークし、トータル2オーバーの55位タイで予選通過を果たした金永雄(キムヨンウン)。もう一人が1イーグル・4バーディーの65を叩き出し、トータル10アンダーで単独首位に立ったS・ビンセントだ。

 ビンセントはインコースからスタートし、前半で3アンダーをマークすると、アウトコースの1番・パー5でイーグルを決める。

「ティーショットがフェアウエイ左サイドを捕らえた。2打目はピンまで残り197ヤード。フォローの風向きだったことから7番アイアンで打ちました。グリーンには10ヤードほど届きませんでした。サンドウェッジでの3打目がチップインしました」と振り返った。思わず笑みがこぼれて当然だろう。

「(強風下でのラウンドでは)やらなければならないことが沢山ありますが、まずはドライバーショットが次のプレーにつながるように心掛けました。それがスコアに結びついたと思います」。

 沖縄県でのラウンドは初めだが、景色の美しさを楽しんでいるという。海がないジンバブエ出身だけにコースから眺められる海の景色もまた珍しく、リラックス感をビンセントにもたらしてくれるのだろう。

 2年前に結婚した奥さんが帯同キャディーを務めている。「(優勝できたら)最高のプレゼントになります」。難攻不落のコース攻略のカギは案外、景色を楽しむ余裕なのかも知れない。

第2ラウンドの結果 PCはコチラ / SPはコチラ>>